コンテナボックスで土地活用

コンテナボックスとは

コンテナボックスを街中で見かけたことがある方は多いのではないでしょうか?
そもそもコンテナボックスとは、列車や船での貨物輸送用に使用される軽金属製の箱です。
それが現在では有効な土地活用の道具として使われるようになり始めました。
特によく見られるのは、駐車場やレンタルスペースとしての活用法。

コンテナ経営の主な形態として挙げられるのは、地主がコンテナ会社からコンテナボックスを購入してレンタルする経営方法です。
基本的な管理・運営はコンテナ会社が代行します。
一般的なアパート経営と同様だと考えるとわかりやすいでしょう。
なお、平均的な利回りは20~25%です。

コンテナボックス経営のメリット

  • 初期費用が安い
    一般的なコンテナボックスの費用は、1台あたりわずか100万円程度です。
    アパート・マンション経営と比較すると初期費用は非常に安価になります。
  • 高利回り
    地主がコンテナボックスを購入して経営した場合、平均的な利回りは20~40%。アパートやマンションの2倍以上に相当する高利回りです。
  • 節税効果
    地主がコンテナを購入した場合、固定資産となるため減価償却によって所得税を節税することができます。
    例えば100万円のコンテナボックスを10台購入した場合、毎年128万円が手元に残ります。(コンテナボックスの耐用年数は約7年)

コンテナボックス経営向きの土地とは

  • 条件1
    面している道路の幅が4m以上あること
    コンテナボックスはトラックで運搬して設置されるため、トラックが入り込める土地である必要があります。トラックが入ることができる道路幅の目安は4m。この幅に達しない場合はコンテナボックスは設置できません。
  • 条件2
    コンテナが面している道路の交通量が多い
    人目に付かない場所にコンテナボックスが設置されていても、ほとんど使用されません。
    それに対して、交通量が多い道路に設置してあれば現場そのものが有効な広告塔になるのです。
  • 条件3
    コンテナ周辺に住宅地がある
    住宅地であれば駐車場や倉庫の需要は非常に多く、そうでない場合と比較したときの収入は天と地ほども違います。
    住宅地に設置すれば、開設から満室になるまでにあまり時間はかからないでしょう。
  • 条件4
    1坪あたりの地代が¥800~¥3,000
    コンテナボックスを設置・開設するまでの初期費用や収入などを考慮した場合、上記の地代であることが妥当であると考えられます。
  • 条件5
    広さは5~150坪
    弊社がこれまでの経験から提案する最適な数字です。この数字を下回ると利益を生み出す賃料収入が見込めません。
    逆に150坪を超えてしまうと、集客に時間がかかるため初期費用の回収が遅くなってしまうのです。

バイクコンテナで土地活用

使用していない土地を持っていたとしても、それがコンテナボックス設置に適した土地であるかどうかはわかりません。コンテナボックスを
設置するには少し厳しい狭小地や変形地の場合はどうすればいいのでしょうか?
ワイ・エス・シーでは、一般的なコンテナボックスとは別にバイクガレージのラインナップもしております。5坪あればバイクガレージ1台分は
設置可能。「こんな土地なんて活用しようがない……」と諦める前に、ぜひ一度ご相談ください。
  • メリット1

    小さなスペースでも開設できる
    例え狭小地や変形地であっても大通りに面していれば自販機などの設置で収入は得られるかもしれません。しかし、それ以外の方法ではほとんど収入は見込めません。大通りから外れた小さなスペースであればバイクガレージがもっとも効率的です。
  • メリット2

    初期投資が低コストで済む
    バイクガレージは自動車用パーキングのようにライバルが多くはないため、低コストで開設することが可能です。例え狭くても、土地さえあればバイクガレージビジネスはスタートできるのです。
  • メリット3

    マンションの増加に伴った顧客増
    近年、マンションはどんどん新しいものが建設されていますが、それに対してバイクガレージはほとんどないのが現状です。バイクオーナーにとって、バイクは資産。盗難に遭ったり汚れが付いたりすれば資産価値が減少してしまいます。
    ガレージを求めるバイクオーナーは非常に多いのです。
  • メリット4

    変形地やビルの中、地下などにも設置可能
    斜めに切れてしまっている土地や、屋外に限らず、ビルの中や地下駐車場にも設置可能です。また、組立て式のコンテナになるため、移転も比較的楽に行えます。

収益モデル

  • 30坪プラン30坪の土地(車4台分の駐車スペース)にバイクコンテナ14台を設置した場合の収益モデル

    地代 ¥0
    管理委託費用 ¥0
    初期費用
    バイクコンテナ ¥300,000☓14台¥4,200,000
    その他諸費用¥500,000
    収入例
    バイク用コンテナ ¥15,000☓14部屋¥210,000
    想定利回り
    稼働率100%の場合53%
  • 70坪プラン70坪の土地に20フィートコンテナ5台・バイクコンテナ6台を設置した場合の収益モデル

    地代 ¥0
    管理委託費用 ¥0
    初期費用
    倉庫用コンテナ ¥700,000☓5台¥3,500,000
    バイクコンテナ ¥300,000☓6台¥1,800,000
    その他諸費用¥700,000
    収入例
    倉庫用コンテナ(1ドア)¥40,000☓1部屋¥40,000
    倉庫用コンテナ(2ドア)¥26,000☓4部屋¥104,000
    倉庫用コンテナ(3ドア)¥15,000☓3部屋¥45,000
    倉庫用コンテナ(5ドア)¥8,000☓5部屋¥40,000
    バイク用コンテナ ¥15,000☓6部屋¥90,000
    想定利回り
    稼働率100%の場合63%
  • 100坪プラン100坪の土地に20フィートコンテナ13台・バイクコンテナ3台を設置した場合の収益モデル

    地代 ¥0
    管理委託費用 ¥0
    初期費用
    倉庫用コンテナ ¥700,000☓5台¥9,100,000
    バイクコンテナ ¥300,000☓6台¥900,000
    その他諸費用¥1,000,000
    収入例
    倉庫用コンテナ(2ドア)¥40,000☓4部屋¥160,000
    倉庫用コンテナ(3ドア)¥26,000☓4部屋¥104,000
    倉庫用コンテナ(2ドア通路)¥15,000☓8部屋¥160,000
    倉庫用コンテナ(4ドア通路)¥8,000☓12部屋¥120,000
    バイク用コンテナ ¥15,000☓3部屋¥45,000
    想定利回り
    稼働率100%の場合64%

商品紹介

  • ¥000,000
  • ¥000,000
  • ¥000,000
  • ¥000,000

製造実績

  • 特殊コンテナ・設備搭載

    特殊コンテナ・設備搭載

    お客様のご要望に応じて、様々な機能・装置を搭載したオリジナル設計のコンテナ

    実績を見る

  • 特殊コンテナ・建築確認対応

    建築・コンテナハウス

    建築確認に対応した特殊コンテナ。構造計算を綿密に行い、堅牢かつ法令を遵守した製品を実現。

    実績を見る

  • 輸送用コンテナ

    輸送用コンテナ

    海上、陸上、鉄道用に大別されます。一般貨物、冷凍食品、産業廃棄物、チップ等輸送対象はさまざまです。

    実績を見る

  • 倉庫用コンテナ

    倉庫用コンテナ

    レンタルボックス用、防災倉庫用が主で放射能汚染物保管用等の特殊な用途も増えております。

    実績を見る

  • その他

    その他コンテナ

    バイク、ジェットスキー保管用、冷凍マグロ・カツオ保管用が主ですが他の用途でも製造可能です。

    実績を見る

  • よくある質問
  • ワイエスシーが選ばれる理由
  • お問い合わせから納品までの流れ